婚活でずっと敬語は脈なし?40歳男性が女性と距離を縮めるための3つの方法

ヨシタカ
こんにちは。

3カ月前に10歳年下の彼女ができ、今では彼女と笑いの絶えない会話を愉しんでいるヨシタカです。

ここでは、ずっと敬語で距離を感じるとき、どうやって女性との距離を詰めていけばいいのかについて紹介していきます。

結論から言うと、女性と出会うのに敷居の低いPairs(ペアーズ)で多くの女性と出会い、女性との距離をつめる空気感を身に着けるのが正解です。

ファンの女性が芸能人に敬語を使うことはありません。彼らは多くの人と出会い、敬語を使わせない空気をまとっているのです。

女性が40歳婚活男性に対して敬語になってしまう理由

せっかく意中の女性と出会い、会話を愉しもうとするものの、すっと敬語で距離を感じてしまいます。

なぜずっと敬語になってしまうのでしょうか?

女性が40歳婚活男性に対して敬語になってしまう理由1・日が浅いから

婚活の現場で出会ったと言っても会って2回~3回程度の間柄です。

例えば会社に入って、同僚の女性社員と3回目で打ち解けて、会話を進めるでしょうか?

婚活の場と、公共の場という意味で少し異なりますが、そこまで一気に男女の距離が縮まるわけはありません。

まだ2~3回程度あっただけではずっと敬語になっても仕方ないのではないでしょうか?

女性が40歳婚活男性に対して敬語になってしまう理由2・距離を感じている

ずっと敬語であるということは、距離を感じている可能性はあります。

浸しい間柄であれば友達同士であっても、掛け合い、じゃれあいはあるもの。

そのような絡みもなく、ずっと敬語であるということはどこか心を許していないのかもしれません。

女性が40歳婚活男性に対して敬語になってしまう理由3・年の差が離れている

女性がずっと敬語であるのは、年の差がありすぎるからということもあるかもしれません。

女性と年の差が5歳もあれば、女性も気を使い敬語を使い始めます。

それは社会人として当たり前ですし、当然のことだと思います。

年の差があるとずっと敬語の時間は同い年のカップルに比べ長いかもしれませんが、じっくりと時間をかけて距離を縮めていきましょう。

女性が40歳婚活男性に対して敬語になってしまう理由4・性格

奥手の女性であると緊張し、ずっと敬語になる可能性があります。

一般の女性に比べ感覚が敏感なのでしょうから、優しく時間を重ねてゆくことで女性も心を許し、ずっと敬語を解いてくれるでしょう。

緊張しやすい女性なのだと思って、優しく見守るようにしましょう。

女性と40歳男性の会話がずっと敬語ではまずいのか?

根本的な問題ですが、女性からの会話がずっと敬語ではまずいのでしょうか?

結論から言うと、ずっと敬語であるとちょっと問題があります。

やはりずっと敬語の状態では、年の差があるにせよ、性格であるにせよ、距離があるのです。

これが、ずっとではなく、普段の会話がずっと敬語でたまに砕けた会話、じゃれあうといった行為があれば距離は縮まっているでしょう。

しかし、じゃれあうこともなく、ずっと敬語であるということは何か意図があります。

もしかすると、並行して別の男性と婚活を進めているかもしれませんし、そちらへ乗り換えようとしている可能性おあります。

出来れば早くずっと敬語という状態は脱し他方が両者の関係は上手くいくものだと思います。

40歳男性がずっと敬語の女性と距離を縮める方法

上ではずっと敬語であることは問題であることを紹介しました。

では出来るだけ早く、ずっと敬語という状態を脱したいわけですが、どうしたらずっと敬語の状態を抜け出すことが出来るのでしょうか?

40歳男性がずっと敬語の女性と距離を詰める方法1・共通の話題で冗談を言う

まず最も大切なのは、女性と共通の話題を持っているということです。

共通の話題があるということは、共通のワードを知っているため、簡単なやり取りでも意思の疎通を取ることが出来ます。

そのやり取りの中でわざとボケるのです。

そうすると、女性の中でイメージした映像と、あなたが発した言葉でイメージした映像のギャップに笑うか、突っ込むという行動を展開します。

突っ込むとき敬語で突っ込む女性はなかなかいませんし、笑うときに敬語で笑う女性はいません。

女性のずっと敬語の状態を崩すには共通の話題でわかりやすいボケをすることです。

40歳男性がずっと敬語の女性と距離を詰める方法2・突っ込む

笑いの定石ですが、ボケがあるなら、突っ込みがあります。

上ではずっと敬語の状態を打破するためにボケるということを紹介しました。

つぎにやることは、突っ込むということです。

ここでも大切なのは、共通の話題です。

共通の話題で会話をしているときに、女性が回答に困る難しい質問を投げかけます。

この時会話があったまっていることを確認しておきます。

温まっていない状態で難しい質問をすると沈黙になる可能性があるため注意しなくてはいけません。

話をもどしますが、回答に困る難しい質問をすることで女性は間違った回答をせざるえません。

その時に、ちょっと軽めに突っ込んでみるのです。

返しは敬語で帰ってくるかもしれませんが、距離が縮まり、次の突っ込みでは軽く返してくれるかもしれません。

40歳男性がずっと敬語の女性と距離を詰める方法3・軽い下ネタを振る

女性の中には極度に下ネタを嫌う人がいます。

使い方には注意がひつようですが、ずっと敬語である状態を崩す野に有効かもしれません。

あまりきついものではなく、ホテルからラブホの繋げてみたり、軽いところからちょと女性にふり反応を見るようにしてみましょう。

ずっと敬語の女性とばかり会ってしまう男性におすすめの婚活方法とは?

女性がずっと敬語になってしまうのは、慣れない男性と対面で会話をし緊張するからという一面もあります。

実際、面と向かった話すときは静かだけれども、テキストメッセージのやり取りではすごく元気という女性は多いものです。

そこで、ずっと敬語の女性とばかり出会ってしまう男性はテキストコミュニケーションが出来る、ペアーズでの婚活を試してみてはどうでしょうか?

テキストでやり取りができる

女性とのやり取りは、ペアーズ内のテキストコミュニケーションで行われます。

そのため男性と直接会ってコミュニケーションを取るより女性はこころを開きやすく、敬語でやり取りするのをやめるかもしれません。

また、テキストでの八鳥は、実際の会話よりも考える時間が長いため、ボケを考えるのも容易です。

女性との掛け合いをリアルタイムで行えないのは残念ですが、会話がなれない場合は敷居が低く有利に働いてくれるはずです。

共通の趣味で話せる

「共通の話題で冗談を言う」の項で紹介しましたが、女性と共通の話題を持っておくことが、二人の距離を縮める鍵です。

ペアーズには「コミュニティ」という機能があり、趣味、自分興味のあるコミュニティーへ参加することで、同じことに興味のある女性とつながることが出来ます。

同じく興味のあることでつながることで、会話は盛り上がりますし、ボケれますし、突っ込みどころもたくさん出てきます。

ペアーズのコミュニティを使って有効に会話をしてみてください。

多くの女性がいる

性格としてずっと敬語の女性がいます。

どうしてもそれが慣れなければ、並行して別の女性へコンタクトを取ることもペアーズでは可能です。

外部からほかの助成とのやり取りは一切見えないため、並行して複数の女性と関係を持つことも出来てしまいます。

また、ペアーズには多くの女性が登録し、婚活を行っています。

その数は日本No1今では300万人をとっぱしています。

日本全国300万人の女性の中から意中の女性を探してみてください。

まとめ

ずっと敬語で話す女性にはいろいろ理由があるでしょう。

しかし、ずっと敬語ではなかなか二人の距離は縮まらないもの。

まずは敷居の低いテキストコミュニケーションが出来るペアーズから始めてみてはどうでしょうか?

真剣な婚活を望むあなたへ

真剣な婚活をしたい方はこちらのアプリをお勧めします。

ユーブライドは年間2400人以上の成婚者を生んでいる成婚実績No1アプリ!

カップル数ではありません。成婚者数です。

真剣な婚活を望むあなたにはこちらのアプリをお勧めします。