女・ライン(line)・友達・デートがめんどくさい38歳婚活男が取るべき1つの行動

ヨシタカ
こんにちは。

婚活がめんどくさくなりながらも婚活を10年続け、3カ月前に彼女を作ることが出来たヨシタカです。

ここでは、婚活でよくめんどくさいと言われる、女・ライン(line)・友達・デートの方法の対応方法を紹介します。

結論から言いますと、出会いが容易なPairs(ペアーズ)でめんどくさいのすら可愛いと思える女性と出会うことが大切です。

身の回りの女性から選ぶのはめんどくさいでしょうが、300万人の中には心から好きになれる運命の女性が必ずいます。

38歳男性の婚活はめんどくさい?

上でも言いましたが、30代の婚活はめんどくさくなってきます。

30代になると20代と比べどのような違いが出てくるのでしょうか?

38歳男性の婚活がめんどくさい理由1・年収

30代になってくると女性から求められる年収が変わってきます。

20代であれば、どれほど年収が無くても結婚できるというデータがあるのですが、30代になると最低年収が求められます。

30代男性は最低300万円以上を稼がなくてはいけません。

めんどくさいですが、年収300万円を境にモテる、モテないがはっきり分かれます。

年収300万円以上ない男性は、ダブルワークでも良いので、稼がなくてはいけません。

38歳男性の婚活がめんどくさい理由2・女性を大切にするスキルが求められる

30代男性であると、ある程度女性経験があり、女性の扱い方に慣れていることが大切になってきます。

めんどくさいと思うかもしれませんが、女性は自分を大切にしてくれる男性を好きになります。

30代で女性経験がなく、女性の扱いに慣れていないそぶりを見せたらきっと女性は幻滅するでしょう。

もしまだ女性経験がないのであれば、ソープランドでも構いません。

やり方を教えてもらうようにしてください。

38歳男性の婚活がめんどくさい理由3・狙える年齢の幅が減る

めんどくさいのですが、30代に入ってくると、若い女性を狙いづらくなってきます。

婚活女性で理想の年上男性の年齢は5歳年上。

つまり30歳になると25歳以下の女性は狙いづらくなってきます。

同様に、35歳を過ぎればもう20代女性を狙らっても、なかなか振り向いてくれなくなってくるのです。

めんどくさいですが女性の本能のようなものなので仕方がありません。

もし20代の女性と結婚をしたいのであれば、35歳前に結婚したほうが確率が高くなります。

出来るだけ早く結婚を目指すようにしましょう。

40歳男性の婚活はめんどくさい?

38歳の婚活はめんどくさいということを紹介しましたが、そのうえの40歳男性の婚活はどうなのでしょうか?

40歳男性の婚活がめんどくさい理由1・生活費

アラフォー男性が結婚を考えると、子供の養育費、ローンなどを考えると、資金面で不安を持つ女性が現れてきます。

もし、40歳で子供が出来たとして、子供を大学4年生まで育て上げるとしたら男性が64歳まで教育費を支払わなければいけません。

定年65歳の今、そこまでお金を使っていては老後のお金が心配になってきます。

また、めんどくさいのが、新築一軒家を立てた時のローンです。

フラット35ではローンを組んだとして支払いが終わるころには75歳を過ぎており、そこまでお金を払いきれるのかという不安も出てきます。

高齢になればなるほど、費用についてめんどくさいことが増えてきます。

40歳男性の婚活がめんどくさい理由2・夜の営みが大変

40代男性であると、なかなか夜の営みをこなせないという問題が出てきます。

特に20代の若い女性は好きな男性とSEXをしたいものです。

その期待に男性が答えられなければ女性は幻滅してしまいます。

めんどくさいかもしれませんが、薬でもなんでも費用をかけて夜の営みをこなせる努力をしなければいけません。

夜の営みをこなすことが出来なければ、彼女を作る、結婚するといことは遠ざかってしまうでしょう。

40歳男性の婚活がめんどくさい理由3・求められる年収が高い

アラフォー男性に婚活女性が求める年収は600万円です。

600万円と聞くと高額に聞こえるかもしれませんが、アラフォーといえばもう立派な大人です。

大人の男性としてふさわしい年収を稼いでいなければ女性を満足させることはできません。

めんどくさいかもしれませんが、アラフォー男性は年収600万円を稼ぐように努力してください。

めんどくさい女の特徴

婚活現場にはめんどくさい女性がいます。

以下のような女性と付き合っても後でめんどくさいことになるだけです。

出来るだけ避けるようにしましょう。

めんどくさい女性の特徴1・メンヘラ

婚活で関わると後でめんどくさいことになるのはメンヘラの女性です。

メンヘラの女性は男性への依存性が高く、後々めんどくさくなってきます。

外見的には可愛い女性が多いのですが、一度関係を持つと、別れる時問題が置きます。

ひどい女性になると自傷行動、脅しという手段を使って迫ってくることもあり厄介です。

どんなに可愛い女性でも、メンヘラだと感じる女性とは関係を持たないように注意しましょう。

めんどくさい女性の特徴2・プライドが高い

プライドが高い女性はめんどくさいので避けるようにしましょう。

プライドが高い女性は以前モテた時期があり、男性から女性へ声をかけるべき、と感が手ている人もいます。

そんな女性を彼女にし、結婚したところでコミュニケーションが破綻し分かれることになります。

容姿がかわいい女性が多くもったいないのですが、女性が心を入れ替えるまで手を出さないようにきおつけましょう。

めんどくさい女性の特徴3・コンプレックスがある

コンプレックスがある女性とはめんどくさいので付き合わないようにしましょう。

もし太っている女性であれば「私なんてどうせ」という考えが強く、卑屈になりがちです。

男性としてはそのままの事実を行っているだけなのに対し、卑屈になられたのではもう掛ける言葉が見つかりません。

めんどくさい女性と付き合ったところで時間の無駄です。

めんどくさい女性とは付き合わず時間を有効に使ってゆきましょう。

ラインはなぜめんどくさいのか?

婚活においてとても悩ましく、めんどくさいのがラインです。

なぜラインはめんどくさいのでしょうか?

ラインがめんどくさい理由1・既読スルー

ラインでいちばんめんどくさいと感じるは「既読」がわかる機能ではないでしょうか?

相手女性が自分のメッセージを読んだかがわかる機能なのですが、女性が読み「既読」マークがついたのに返信が返ってこない、いわゆる「既読スルー」が男性を苦しめます。

女性が読んでくれたかわかるのは良いのですが、そこから返信がないのは男性の心を深くえぐります。

便利な機能ではあるのですが、ラインをめんどくさくしている機能の一つでしょう。

ラインがめんどくさい理由2・テンポが速い

ラインはチャット形式で行われるため、女性に時間があるとテンポよく返信が返ってきます。

しかし、話題についていけなくなると、急にテンポについて行けなくなり、リズムを崩してしまいます。

そうすると急に女性からの返信が返ってこなくなるのです。

ラインはテンポよく会話が出来るのが魅力的ですが、テンポが速すぎて返信に困るのが悩ましいところです。

ラインがめんどくさい理由3・スタンプがわからない

ラインにはスタンプという機能があります。

めんどくさいのは年下の女性と付き合うとき。

自分が30代後半であったりするとどのスタンプを女性に送っていいのか悩んでしまいます。

また、スタンプを送っていいのかも難しいところです。

大人としての対応をするならテキストのみで行くでしょうし、もっと砕けた関係で行くなら自分のイメージに合わせたスタンプを送らなければいけません。

スタンプの使いどころ、スタンプの種類の豊富さがラインをめんどくさくしている一因でもあるでしょう。

line活用する方法とは?

上ではlineのめんどくさい部分を紹介しましたが、ではlineをどのように使えば有効に活用できるのでしょうか?

ラインで大切なのはテンポです。

ラインを使い慣れない男性は女性に長いメッセージを送る人がいますが、それではテンポが悪くなります。

短く、話題性に富んだ、女性が楽しめる話題を返信すようにしましょう。

また、女性に返信するときは、疑問形で返信してあげることで、女性がなにを返信したらよいのかを迷わずに済みます。

めんどくさいかもしれませんが、テンポ、疑問形を意識して返信するようにしてみましょう。

婚活中めんどくさい友達とどう接したら良いのか?

今までもてない男性のグループにいた男性が、グループから抜け出すためにいきなり婚活を始めると、ないかと足を引っ張る人が出てきます。

婚活中友達とはどのように接したらいいのでしょうか?

めんどくさい友達の対応1・信頼できる友達なら話してよい

信頼できる友達であれば、今の婚活状況、進め方、彼女との過ごし方などのついて相談するのもよいでしょう。

しかし、信頼できない友達であると、きつい言葉を投げかけたりする可能性があるため、出来るだけ隠すようにしましょう。

めんどくさい友達の対応2・友達のアドバイスは聞く

関係の薄い人ほど軽く曖昧なアドバイスをするものです。

親身になり、あなたのことを心配していう男性は時に厳しいアドバイスをしてくれることでしょう。

厳しい意見はめんどくさいと思ってしまいがちですが、とても大切です。

厳しい意見を受け入れ、前へ進む努力をしてみてください。

きっと婚活が前進するはずです。

デートがめんどくさい理由とは?

婚活パーティーなどで出会い、連絡先を交換し、ラインでやり取りを繰り返す日々。

日数がたち、一緒に食事でもとデートの約束を取り付けるのでしょうが、デート当日めんどくさくなることがあります。

楽しいはずのデートがなぜめんどくさくなるのでしょうか?

一つの原因として、本当に彼女のことを好きではないということがあるのかもしれません。

好きな女性とのラインのやり取りはワクワクするものです。

数日間のラインのやり取りはワクワクしたでしょうか?

なぜ婚活はめんどくさいのか?

女性と会い、食事を楽しみ、本来なら楽しいはずの婚活が、いつの間にか、めんどくさいと感じてしまうようになってしまいます。

なぜなのでしょうか?

婚活がめんどくさい理由1・理想の女性と会えない

婚活の方法を誤ると、なかなか理想の女性と会うことが出来ません。

身近な婚活パーティーへ参加しても、参加している男女が同じで、新規の女性がわずか、なんてこともあります。

食事も自分の理想の女性とするから楽しいのであって、あまり興味のない女性と食事をしてもきお使いめんどくさいだけです。

出来るだけ多く理想の女性と会うことが婚活をめんどくさく感じさせない秘訣といえるでしょう。

婚活がめんどくさい理由2・忙しい中での婚活

一般男性であれば、仕事をしているものです。

仕事をしながら、趣味の時間を確保し、そのうえで婚活もこなしていかなくてはいけません。

そうなると、婚活が出来る時間は休日だったり、仕事終わりの夜遅い時間だったりと、体を休める時間を削ることになってきます。

仕事を頑張っているのですから、休息は大切。

その大切な時間を婚活に充てるわけですからめんどくさいと感じるのもしかたがありません。

婚活がめんどくさい理由3・お金がかかる

婚活は何かとお金がかかります。

婚活パーティーに参加するにしても1回6000円は掛かります。

また結婚相談所に登録しようとすれば、数十万というお金がかかりますし、婚活は何かとお金がかかかります。

家賃、食費、交際費、趣味とお金を使う中で、それだけの出費を捻出するのはめんどくさいもの。

結果が出ずらいのであれば、本当に意味があるお金であるのかわからなくなり、さらにめんどくさくなってくるでしょう。

安く、そして結果の出やすい婚活方法を選択出来たらよいですね。

婚活がめんどくさい38歳男性が取るべき1つの行動

上で紹介しましたが、婚活にはめんどくさいことが多くあります。

でも婚活方法を変えることである程度改善することが可能です。

そこでおすすめしたいのがペアーズによる婚活です。

敷居が低く会える

ペアーズは他の婚活方法に比べると敷居が低く、多くの女性と会えるのが利点です。

なぜそこまで女性と出会えるかというと、登録人数がほかのアプリくらべ段違いに多いためです。

他のアプリですと500万人いれば多い方なのですが、ペアーズの登録者数は1000万人を超えています。

そのため、出会える女性の数も多く、理想の女性と出会える確率が高いのです。

また、女性と実際会うのも簡単で、実際東京のカフェなどを見ると多くの男女がペアーズを利用し出会っています。

自動で紹介してくれる

ペアーズはアプリを起動するたびに新しく登録した女性を自動で紹介してくれます。

そのため、売れ残りの女性を毎日見るということはありません。

というか、女性が多く見切れないかもしれません(選びたい放題です)。

また、ペアーズに登録しておけば、あなたのプロフィールを見た女性が勝手にコンタクトをとってくることもあります。

ペアーズを起動しあなたに「いいね」を押してくれている女性がいたらぜひ積極的にコミュニケーションをとってみてください。

料金が安い

ペアーズの利用料金はクレジットカード決済で3590円/月となっています。

婚活パーティーで6000円、結婚相談所で数十万と比べるととてもお得になっています。

また、この金額でマッチングすればいつでも女性とメッセージのやりとりができますし、食事に誘うこともできます。

もちろんデートの際はお金がかかりますが、理想の女性との食事であれば、めんどくさくはないですよね。

まとめ

婚活を始めたころは希望に満ち溢れているものの、時がたち望んだ結果を得られないとだんだんとめんどくさくなってきます。

ペアーズは敷居が低く、女性と簡単に出会えるアプリですので、まずは多くの女性と出会い女性になれてみるのもよいでしょう。

そして、理想の女性にアプローチし、理想の結婚を目指してみてください。

実際私の知り合いの40代社長はペアーズを使い多くの女性と婚活を愉しんでいます。

真剣な婚活を望むあなたへ

真剣な婚活をしたい方はこちらのアプリをお勧めします。

ユーブライドは年間2400人以上の成婚者を生んでいる成婚実績No1アプリ!

カップル数ではありません。成婚者数です。

真剣な婚活を望むあなたにはこちらのアプリをお勧めします。

ABOUTこの記事をかいた人

マスターヨシタカ

アラフォー男性でありながら、可愛い20代の彼女と結婚することができました。 絶対彼女なんてできないと思ていた僕でもできたのですから、誰にでもチャンスはあると考えています。 結婚するまでのノウハウを余すことなく伝え、婚活で悩んでいる人を応援します。