婚活に向いている人・向いていない人がある?!辛く厳しい結婚への道を乗り越え幸せを手に入れるたった一つの方法!

どの世界においてもそうですが、向いている人、向いていない人というのがあります。

もちろんそれは婚活にもあり、婚活に向いていない人が婚活方法を間違っていればなかなか結果が出ません。

ここでは、どういった人が婚活に向いていないのか、向いていない人が取るべき行動、婚活方法について紹介していきます。

婚活に向いている人

婚活に向いている人というのはいるものです。

こういった特徴を持っている人は婚活を始めて短期間で結果を出し、結婚へと至ります。

もし当てはまっていないようでしたら、取り入れるようにしましょう。

社交的

多くの人と出会い、その人に会った対応を臨機応変にとれる男性は婚活に向いています。

営業の方などですと、常に明るく、笑顔で、相手が何を考えているのかを察しながら会話をしてゆくため、好感を持たれます。

婚活パーティーなどでその場の空気をしっかり作れる人は婚活に向いているといえるでしょう。

気遣いが出来る

婚活女性は男性に対して、安心感を求めています。

そのため、女性を気遣い、大切にしてくれる男性に好意を持ちます。

婚活に、向いている人は、この女性への気遣いがスマートに自然にできています。

会話がうまい

婚活に向いている人は、会話を上手に回します。

人の輪に入り、女性の話をよく聞き、そして、ユーモアセンスあふれる返しをしては笑いを作ってゆきます。

女性はやはり一緒にいて楽しい男性と同じ時間を過ごしたいもの。

会話でその女性の価値を上げれる男性は婚活に向いているといえるでしょう。

婚活に向いていない人

婚活に向いていない男性というのはいるものです。

もし、あなたが以下のような特徴を持っていたら直すようにしましょう。

婚活に向いていない男性のまま婚活を続けても無駄に終わってしまいます。

経済的に余裕がない

一般的に婚活にはお金がかかるものです。

婚活パーティーに参加するにも男性は6000円ほど支払わなくてはいけません。

またそこから気に入った女性を連れて二次会のへと行けばもっとお金がかかるでしょう。

そのため、経済的に余裕のない人は婚活に向いていないといえるでしょう。

デートをするにしても、男性が食事代を支払うでしょうし、もちろんホテル代も男性が出すでしょう。

経済的に余裕がない人は、向いていないと諦めるのではなく、しっかり稼げる自分を目指しましょう。

対面での会話が苦手

女性と直接話すのが苦手という人は婚活にあまり向いていないといえます。

婚活は女性という相手がいて成り立つものです。

そのため、どこかのタイミングで女性と楽しい会話をしなければいけません。

それが出来なければ、結婚しても結婚生活で後悔することは目に見えています。

もし初対面の女性と会話するのが向いていないと感じているのであれば、婚活方法を変えるようにしましょう。

若い女性が好き

婚活の現場には20代~40代まで幅広年齢層の女性がいます。

婚活に向いていない人は、その中から、若い女性だけに興味を持ち若い女性だけを狙ってしまうことです。

婚活方法によっては良いのですが、婚活パーティーなど公の場でそれをやると、女性から「この人私に向いていない」とそっぽを向かれてしまいます。

公の場での婚活では、どの女性へも分け隔てなく接し、連絡先を交換しなければいけません。

若くて可愛い女性にばかりアプローチしてる男性は気持ち悪く、意中の女性にも気持ち悪いと思われてしまいます。

自分には向いていないと思うアラフォー女性にもしっかり大人の対応をすることをお勧めします。

決断が遅い

婚活に向かない人は、決断が遅い傾向にあります。

女性と会うお店を選ぶのもそう、お店でどの料理を選ぶのかもすべて決断です。

婚活に向かない人は、その瞬間に下す決断が遅く、女性からの印象を悪くしてしまいます。

決断は早くするようにしましょう。

婚活に向いていないいひとが取るべき行動

婚活に向いていない人はどうすれば良いのでしょうか?

婚活に向いていないからと言って、そのままやめてしまえば、結婚できずに終わってしまいます。

ここでは婚活に向いていない人が取るべき次の行動について紹介していきます。

自分を変える

婚活に向いていない人は、まず、自分を変えなくてはいけない、ということを強く意識しなくてはいけません。

婚活に向いていないのであれば、向いている自分になればいいだけです。

婚活に向いている人の条件を取り入れ、今から自分を変えていかなくてはいけません。

条件をしっかり把握する

婚活に向いていない人は、女性に求める条件をしっかり把握しておかなくてはいけません。

若い女性が好きであるならそうで良いですが、それ以外の条件を妥協しなくてはいけません。

まず、自分の中でこれだけは譲れないという条件を把握しておく必要があります。

女性に求める条件をノートに書き出し、その中から、これだけは譲れない、という条件をえらび把握しておきましょう

習慣を作る

婚活が向いていない人には、習慣を作ることをお勧めします。

習慣を作ることで、自律神経が整い、決断が早くなります。

習慣といっても、簡単なもので大丈夫です。

ご飯を食べる前に頂きますを言う、トイレ掃除を必ず行うなど、些細なものでよいので毎日行うようにしましょう。

婚活に向いていない人が取るべき婚活方法

上記であげた「婚活に向いていない人」に当てはまる男性が婚活パーティーなどに行ったとしても、結果は出ないでしょう。

ここでは今婚活に向いていない人が取るべきたった一つの方法を紹介します。

ペアーズで出会う

婚活に向いていない人はペアーズでの出会いをおすすめします。

ペアーズは 一般社団法人結婚・婚活応援プロジェクト(MSPJ)へ加盟している、安心安全に利用できるアプリです。

婚活に向いていない人にペアーズをお勧めする理由 若く可愛い人と出会える

婚活パーティーなどへ行ったとしても、可愛い婚活女子と出会う機会はあまりありません。

若く可愛い女性だけが好きという、婚活に向いていない男性にとってとても苦痛です。

しかし、ペアーズであれば、若く可愛い女性と出会うことが出来ます。

ペアーズは登録者数1000万人を超える日本No1の婚活アプリです。

1000万人もいればあなた好みの女性が必ずいます。

また年齢層も20代~40代と幅広く、若い女性との出会いが可能です。

婚活に向いていない人にペアーズをお勧めする理由 料金が安い

ペアーズのダウンロードは無料です。

そして、女性の検索、ある一定数の「いいね」を送るところまでは無料で出来ます。

そのため、好みの女性とマッチング後有料プランへ移行しメッセージのやり取りをする、という使い方もできます。

また、有料といっても、ペアーズは月額制を採用しているため、料金を払えばメッセージのやり取りをしっかり行えます。

利用料金は3590円/月。

プランを1カ月、3カ月、6カ月、12カ月と選べるのですが、期間が長いプランになればなるほど、月額がお得になります。

12カ月プランの場合1220円/月ととても安く使えます。

婚活に向いていない人にペアーズをお勧めする理由 ゆっくり会話が出来る

ペアーズでの会話は、メッセージでのやり取りになります。

そのため、直接女性と会うことはないため、緊張することがありません。

また、テキストコミュニケーションですので、焦らず、じっくり考え、女性へ返信を返すことが出来ます。

何を話していいかわからなくなる、沈黙が怖いという男性にとっては最適なコミュニケーション方法だと思います。

もちろん、最終的には女性と会うわけですが、その時には、テキストコミュニケーションで打ち解けた後。

心でつながっている状態ですと、女性からフラれる確率が低くなります。

婚活に向いていない人は「テキストコミュニケーション心を繋げる」→「実際に会って会話する」の流れで女性と会話することをおすすめします。

まとめ

婚活に向かない人というのはいるものです。

しかし、いつまでも向いていないと考えていては結婚に至ることはありません。

婚活に向いている自分、結婚できる自分へ変えてゆくこととがとても大切です。

そのステップアップとして、ペアーズはハードルが低く、これから自分を変えてゆくという人にはお勧めです。

多くの可愛い女性と出会い、自分を変えていきましょう。

真剣な婚活を望むあなたへ

真剣な婚活をしたい方はこちらのアプリをお勧めします。

ユーブライドは年間2400人以上の成婚者を生んでいる成婚実績No1アプリ!

カップル数ではありません。成婚者数です。

真剣な婚活を望むあなたにはこちらのアプリをお勧めします。