koemo(コエモ)で声が聞こえない・切れる繋がらない!|チケットの使い方など最低限しっておくべきこと!

【最強】170以上のアプリを検証しその中から厳選したTOP3アプリランキング >>>

ヨシタカ

こんにちは!

170以上のアプリに潜入し、使い方などを調査してきました、「マッチングアプリ選びの教科書」編集部ヨシタカです。

今回はkoemo(コエモ)に潜入し、声が聞こえない時、切れて繋がらない時など、チケットの使い方を含め、基本的なkoemo(コエモ)の使い方について紹介していきたいと思います。

ただ、koemo(コエモ)はあくまで通話を楽しむアプリであり、そこから出会いにつなげることは難しいと言えるでしょう

可愛い女の子と出会いたいのであれば、出会えると高評価の出会いアプリを使いましょう。

最高のタイミングは今

現在多くの出会いアプリが存在していますが、出会える環境が整っているアプリはごくわずかです。またその環境も日々変化しており、その環境の変化をしっかりと把握している人がしっかりと可愛い女の子をGETしています

しかし、環境の変化を知るには日々幅広く出会いアプリを利用している必要があり、なかなか一般ユーザーにはわからないものです。

編集部では、毎日多くの出会いアプリの環境を検証し、現時点で最高に出会えるアプリTOP3を紹介していますので、今すぐ可愛い女の子と出会いたい人はこちらの出会いアプリを使って出会いにいきましょう。

koemo(コエモ)に関しましてはこちらの記事でも詳しく取り上げていますので、料金等もっと詳しく知りたい場合はこちらの記事も参照してみてください。

出会えない系アプリkoemo(コエモ)の口コミ・評判を徹底調査!|サクラ・業者はいるの?

2020年4月10日

koemo(コエモ)とは

まず使い方を紹介する前に、koemo(コエモ)とはどんなアプリであるかを紹介していきたいと思います。

koemo(コエモ)は通話アプリ

冒頭でも紹介しましたが、koemo(コエモ)はアプリ内の人と通話をするアプリです。ただ、中にいる人は素人です。

通話アプリですと、よく中にいる人がお金目的のプロだけだったりするのですが、利用した感触としてはkoemo(コエモ)ないの人は素人だと思って良いでしょう。

koemo(コエモ)で出会いは禁止されている

koemo(コエモ)は出会いアプリではありません。そのため、koemo(コエモ)の利用規約でも、「異性交際目的での利用」を禁止しています

ですので、もちろん「インターネット異性紹介事業届け」の提出も行っていません。

一般的に、出会い目的の出会い系アプリを運営する場合、管轄の警察署に「インターネット異性紹介事業届け」の提出を行わなければいけないのですが、koemo(コエモ)のばああい運営会社で出会いを意識していないため、その書類の提出を行っていません。

出会いアプリではないため、本来出会いアプリで標準的に装備されている機能がkoemo(コエモ)にはついていません

koemo(コエモ)で会話が弾んで出会いに繋がる可能性はありますが、出会いアプリではない分リスクがあることを理解してその先へ進む必要があるでしょう。

でも、利用規約で禁止しているのですから、まず出会いはやめておきましょう。利用規約違反になってしまいますからね。

koemo(コエモ)で通話はランダムで

出会いを意識したアプリですと、自分の好きな女の子を選択して、通話できるかを試すことが多いと思うのですが、koemo(コエモ)の場合は完全にランダムです。

これは、koemo(コエモ)の利用目的が、暇つぶしや、夜寂しい時に誰かと話したい時に使うことを目的として開発したからなのかもしれません。(明確な開発自由は分かりませんが)

そのため、女の子と話したいと思って通話を試みても、なかなか繋がりません

ここに関しては別の項でも取り上げたいと思います。

koemo(コエモ)で声が聞こえない

koemo(コエモ)を利用していてよく言われるのが、声が聞こえないということです。声が聞こえなくなったら以下の内容を試してみてください。

音量に問題はないか

まずは音量の設定が的確に行われているかをチェックしてみてください。音量が0になっていれば通話の声は聞こえないものです。

それぞれの機器のやり方で音量をあげてみてください。

バージョンは最新になっているか

koemo(コエモ)のバージョンが最新になっているでしょうか。僕は経験したことはないのですが、バージョンが古いために何かしらの不具合が発生しているかのうせもあります

もしkoemo(コエモ)のバージョンが古いようでしたら最新にしてみてください。

再起動をしてみる

上二つの方法で解決しない場合は、機器自体を再起動してみてください

メモリ関係で何かしら不具合が起き、音が出ない状態になっている可能性もあります。一旦再起動をして、再度アプリを立ち上げて、音が出るかを確認してみてください。

koemo(コエモ)が切れる繋がらない

これは使った人はわかると思うのですが、koemo(コエモ)はなかなかつながりません。

まあ、それは仕方のないこと。相手はプロではなく素人。仕事を持っていて暇ではないでしょうし、日々こなしていかなくてはいけないことが山積みでなかなか時間を取れない人も多いでしょう。

逆にこれぐらい繋がらないということはリアルで、繋がって会話できた時の喜びは大きいでしょう。

なかなかつながりませんが、根気よく繋がるまでチャレンジしてみてください

ちなみにkoemo(コエモ)の通話は無料ですので、繋がるまで何回でもチャレンジしてみてください。

koemo(コエモ)でチケットはどう使うの?

koemo(コエモ)には「チケット」というものがあります。

このチケットというのは、通話履歴を辿って、相手にメッセージを送る際に必要になってくるアイテムなのですが、これは料金を支払って、購入しなければいけません

koemo(コエモ)は基本無料で通話ができるのですが、メッセージでのやりとりを行う場合は料金が発生するという仕組みです。

一般的なアプリですと、メッセージでのやりとりの方が料金が安く設定されており、通話の方が高く料金が設定されているものが多いため、koemo(コエモ)のシステムはちょっと斬新ですね。

履歴からのメッセージは有効

想像してみるとわかるのですが、やはりメッセージでのやりとりの方がコミュニケーションを取るにあたっては敷居が低く、やりとりしやすいという面があるでしょう

通話であれば、リアルタイムで、時間があった時にだけコミュニケーションが取れるのに対し、テキストであれば時間は関係ありません

自分のタイミングでテキストを送り、相手も自分のタイミングで相手からのテキストを読んで返信できる。また話す内容もそこまでスピーディーではなく、スローテンポで考えながら返すことができるのがテキストの良いところでしょう。

一度通話で話して気になった相手がいるようでしたらテキストでやりとりをするのもありかもしれませんね。

しかし、チケットは有料です。利用する枚数をしっかり把握して使いすぎないように注意が必要です

koemo(コエモ)まとめ

koemo(コエモ)を実際に使ってみるとわかるのですが、なかなか繋がらないのが難点です。

また別の記事でも紹介しますが、とにかく1回通話を試みるごとに流れる広告が流れるため、その広告を毎回消さなくてはいけないのが手間です

無料で通話ができる分こういった広告費で運営をしているのでしょうが、ユーザーとしては頭の痛いところです。

これだと別の通話アプリの方が繋がる確率が高いですし、テンポよく女の子と話せるイメージを持ってしまいます。

もっと使いやすく、ユーザーに優しい通話アプリへ仕様を変更してくれることを待ちたいアプリだと思います。