30代・アラサーの婚活では気持ち悪い男性が多いと女性からの悲鳴!その特徴と原因を徹底解説!あなたは一員になっていませんか?

今ネットで「婚活 気持ち悪い」で検索を掛けると大多数が気持ち悪い婚活男性について書かれているものが多くあります。

僕としては、婚活女子こそ気持ち悪いと思っていたので衝撃の事実でした。

これだけ婚活男性が気持ち悪いと思われていたのでは、それは婚活がうまくいかない人が多いわけですよね。

そこでここでは、婚活女性の悲鳴を聞き入れて、気持ち悪いと言われる理由と、気持ち悪い男性の特徴を上げていきます。

そのうえで、気持ち悪い婚活女性と出会わない婚活方法も合わせて紹介してゆきます。

アラフォーの僕でも20代の彼女ができました!

ぜひチャンスをつかんでください!

気持ち悪いといわれる理由

気持ち悪いと言われる理由を事前に知っておくことは大切です。

婚活の現場で気持ち悪いと言われることの無いように直しておきましょう。

気持ち悪い男は第一印象が悪い

第一印象はとても大切です。

それなのに、気持ち悪いと言われる男性はそこにほとんど意識を向けていません。

最初に見せる身なりが清潔感が無いものであれば、気持ち悪いと思われますし、あなたが発する第一声が小声で自信のないものなら、頼りなくて気持ち悪いと思われます。

気持ち悪いと言われないためにも、第一印象をよくする必要があります。

コンプレックスがある

気持ち悪いと言われる男性はコンプレックスがあり、それに伴い卑屈になっている人が多くみられます。

例えば、太っていて、容姿に自信がない人であれば「太っている僕なんてどうせ」といった感情を持って女性に接している男性が多いのです。

この「僕なんてどうせ」といった感情は内でつぶやいていることですが、確実に外にその気持ち悪さを発しているため、女性は「気持ち悪い」という感情を持ってしまいます。

心の底で卑屈になっている感情は言葉には表れませんが空気を伝い伝わるものです。

内面でもカラッとした、明るいあなたでいるようにしましょう。

突っ込んだ質問をする

女性との会話になれていない人は、どこまで突っ込んだ質問をしたらいいのかわからないものです。

そのため、いきなり女性との会話で「年齢」や「身長」といったプライベートな質問をしてしまいがち

男性同士であれば何気ない質問ですが、女性に対して行えば「気持ち悪い男」というレッテルを張られてしまいます。

女性と話すときはしっかり会話の距離を保つようにしましょう。

そうしないと気持ち悪いと思われてしまいます。

質問ばかりをする

質問ばかりをする男性も気持ち悪いと思われてしまいます。

よくあるのが、会話を繋げるため、たて続けに質問してしまっているというケースです。

YESかNOでこたえられる質問をずっと続けられても、女性としても何を話したらいいのかわからず困ってしまします。

この場合はまず、YES・NOでこたえられない質問(オープンクエスチョン)をし、しっかり彼女を知る会話を楽しむようにしましょう

収入が不安定

婚活女性は男性に対して安定を求めています。

そんな中もしあなたが低収入であれば、収入が不安定であるため「気持ち悪い」と感じてしまいます。

低収入であることを仕方ないと諦めるのではなく、しっかりと年収を上げ婚活へ臨むようにしましょう。

そうでなけば気持ち悪いといわれ続けるこん婚活が続くかもしれません。

気持ち悪いといわれないために

自分のすべてを変える意識を持つ

男性は、婚活を通して、自分を成長させていかなければいけません。

もし上記の気持ち悪い理由に当てはまっていたのであれば今すぐ直すようにしましょう。

自分を成長させず婚活を続けたところで、あなたの「気持ち悪い」というレッテルを振りまくだけ。

自分のすべてを変えるつもりで、気持ち悪いと思われる部分をすべてなくす意識を持ちましょう。

より清潔にし印象を改善する

清潔感が無い男性は一発で嫌われます。

女性と会うときは、頭のてっぺんからつま先までしっかり清潔感あふれる容姿にコーディネートしてください。

シャツだけ清潔感がある、とかではだめです。

女性は男性より視野が広く一度に広く情報を拾うことが出来るため、すぐばれてしまいます。

鼻毛は出ていないか、爪はしっかり切ってあるか、細かいところまでしっかり清潔な自分を作るようにしましょう。

女性の反応をしっかりと見る

上記「気持ち悪いといわれる理由」に書いた内容以外にも、気持ち悪いと思われることがあります。

そのため、しっかりとフィードバックし、女性の反応を見ておくことが大切です。

女性が何か不機嫌になったり、いや顔をしていたら素直に謝り、気持ちの良い会話を楽しみましょう。

アラフォーの僕でも20代の彼女ができました!

ぜひチャンスをつかんでください!

気持ち悪い女性と会わずに婚活をする方法

さて、気持ち悪い男性の事例をみてきました。

しかし、婚活の現場では「気持ち割る女性」も多いもの。

そこで、ここでは、気持ち悪い男性をやめたあなたが、気持ち悪い女性に合うことなく、素敵な婚活ができる方法を紹介していきます。

気持ち悪い女性に合わないために

まず気持ちの悪い女性に合わないために何をしたらいいのかというと、「狙う年齢層を変える」必要があります。

今まで狙っていた年齢層は30代~40代といった、同年代の女性ではなかったでしょうか?

また、20代~30代前半の女性を狙ったことがあるけれどメインターゲットにはしていなかったのではないでしょうか?

そうであるなら、メインターゲットを20代~30代前半へ移しましょう。

それが気持ち悪い女性と会わない婚活のだ一歩です。

アラサー・アラフォー女性は気持ち悪い

この記事を女性に見せてほしくないのですが、30代~40代つまり、アラサー、アラフォーと呼ばれる年齢層の女性は気持ち悪い人が数多くいます

確かにアラサー、アラフォーと呼ばれる世代にも、いい女性はいっぱいいるかもしれません。

しかし、その数を上回る数の気持ち悪い婚活女性がその年代にはあふれかえっています。

実体験済みです!

条件にあわない男性を見下すように見る女性、いらだつように机を指でたたき始める婚活女性、上げたらきりがありません。

そのため、気持ち悪い婚活女性と会いたくないのであればもうバッサリ、アラサー、アラフォーと呼ばれる年齢層の女性を切り捨てましょう

そうしたほうが気持ち悪い女性と会う確率が格段に下がります。

気持ち悪い女性と会いたくない婚活男性は20代~30代前半の若い年齢層の女性を狙うようにしましょう

心優しい婚活男性はアラサー、アラフォー女性へ優しい声をかけ、の心を癒してあげてください。

それはそれで恋愛へ発展するかもしれませんので。

若い女性の方が条件が低い?

若い年齢層を狙うのには理由があります。

アラサー、アラフォー女性に比べもとめられる条件が低いためです。

確かに、最低件の容姿、清潔さというもは必要ですが、大人の魅力、遊びというものでカバーできます。

それに対し、アラサー、アラフォー女性のめは厳しく、身に着けているものがブランドであるか、年収はいくらかといった事細かなところまで条件を迫ってきます。

そんな条件にをかいくぐってデートをする相手がアラサー、アラフォー女性ではわりに合わないと思いませんか?

若い女性が嫌ならおすすめはしませんが、まずは若い年齢の女性を狙った婚活へ移行することをお勧めします

気持ち悪い女性のいないアプリを選択する

上では若い女性と出会うことをお勧めしてきました。

では若い女性と出会うためにはどうするかですが、おすすめしたいのは「With」という婚活アプリでの出会いです。

婚活でよいアプリというと別のアプリをお勧めするのですが、気持ち悪い女性と会わないため、となると「With」が最適です。

Withを進める理由

Withで特徴的であるのは「メンタリストのDaiGoが監修した心理テスト」により、あなたにおすすめの女性を紹介してくれる機能があるところです

アプリを起動し、何回か利用していると、いきなり心理テストが始まります。

その心理テストは簡単な選択式のモノ。5分もかからずできてしまいます。

そして、その心理テストに合わせてあなたにあった女性を選び紹介してくれるのです。

つまり、あなたの特徴を論理的に落とし込んだ上で、あなたにあった女性を紹介してくれるため、気持ち悪い女性に合う確率は格段に下がるのです

一般的な婚活アプリですとそうではありません。

不特定多数の女性の中から自分で選んで、アプローチする必要があります。

そのため、メンヘラのような気持ち悪い女性に当たる可能性がありますが、Withでは極力少なくなるシステムになっているのです。

また利用している主な年齢層も20代と理想的です

気持ち悪い婚活女性と会いたくないのであれば、Withでの出会いをお勧めします。

より真剣な婚活を望むあなたへ

より真剣な婚活をしたい方はこちらのアプリをお勧めします。

ユーブライドは年間2400人以上の成婚者を生んでいる成婚実績No1アプリ!

カップル数ではありません。成婚者数です。

より真剣な婚活を望むあなたにはこちらのアプリをお勧めします。